カラダの細胞や魂が喜ぶ、いのちのつまった野菜つくりを追求し、自家採種、無肥料、自然農、自然農法、自然栽培を実践中。農薬を使用しないのではなく、そもそも使用する必要がないことが健康の証です!


by shizenchiyuryoku

プロフィールを見る

自然治癒力を高めよう


あけましておめでとうございます。

皆さんをはじめとし、すべての生き物にとって健やかで平安の年でありますようお祈りいたします。


昨年は多くの困難があった年でした。2012は良い年であることを願いますが、世界の経済・政治では大きな問題が起きるでしょうし、自然現象についても何が起きるか分からないと思います。

ですが、それらの事象は私たちがコントロールできるものではありません。だからヘンに身構えて心身ともに疲れてしまったりしないで、私たちにできることにフォーカスして、健康第一で幸せに過ごしていきたい、過ごしていただきたいと思います。



まずは普段から心身の自然治癒力を高めることに気を使いながら毎日を過ごすことに尽きると思います。

そのためにも西洋医学科学万能主義に少しづつサヨナラしていきましょう。

たとえば、風邪をひいて熱が出た。現代一般的には医者に行って薬を飲んで栄養とって休みましょうとなりますが、ここの読者の方はそんなのおかしいとご存知ですね。熱が出るのは体がウイルスとたたかうための援護射撃であり、つまりは自然治癒力ですね。それを薬(曲者)で無理やり抑え込んでも根本はなにも解決されておらず、逆に自然治癒力を弱めていることになります。こういったことが繰り返されれば、体はどんどん弱っていき、薬に頼らないといけないように弱くなる。皆さんご存じのことでしょうから、しつこくなるのでやめておきます。

野菜についても同じです。肥料過多で弱った野菜に農薬をかけても、根本はなにも解決していない。農薬や農薬をかけた野菜が問題でなく、農薬をかけねばならぬほど弱った野菜に問題がある。病虫害をよびよせる野菜とその原因に問題がある。そのために無肥料で健康に育てる、ということです。
「自分の食べるものはみな、良きにつけ悪しきにつけ、自分の体の一部となる」とは有名な言葉です。弱ったものを食べて、丈夫な心身が保てる理由がありません。(でもたまにはたべてもいいですね^_^;)


そして「微生物を大切にしましょう」。本当のエコロジーとはハイブリッドカーに乗ることでもなく、電気節約家電を買うことではありません。それらは広告の洗脳です。
エコロジーとは
the way in which plants,animals,and peoples are related to each other and to their environment(LONGMAN AMERICAN DICTIONARY)
であり、すべての生き物たちとの共生であるということです。特に微生物との共生が大切と考えます。何かをするとき、「これは微生物たちが喜ぶことだろうか」と自問してください。車に乗って微生物は喜びますか?電気を節約したからと微生物が喜びますか?微生物がイエスと言う行為こそ、私たちが心がけるエコロジーに違いありません。微生物の驚異については機会があったら書きたいと思います。


自然治癒力を高めるために健康な食品を食べることはわかりきったことですが、他に何か方法がないでしょうか。色々あるでしょうが、今回はKUSHI MACROBIOTIC ACADEMYの「マクロビオティックライフスタイル14のご提案」の中から私が気に入っているもの3つを省略抜粋転用して、新年のあいさつとさせていただきます。

1、毎日を楽しく過ごす。体をまめに動かし、頭と体を活発に働かせる。毎日歌を歌う。

2、すべてのひと、すべてのものに対して感謝をこめてあいさつをする。食べ物と自然に感謝するよう皆にすすめる。

3、可能であればシンプルな服を着て毎日戸外に出る。裸足で地面、砂浜、畑(畑は私の追加)を歩く。特に自然の美しいところへ行く。


皆様にとって素晴らしい年でありますよう、重ねてお祈りいたします。
by shizenchiyuryoku | 2012-01-04 19:56 | 基本的な考え方 | Comments(0)

カテゴリ

全体
基本的な考え方
土作りについて
イベント
雑草の楽しみ
庭を畑にする
食料安全保障

最新の記事

日本の野菜は海外で「汚染物」..
at 2017-01-14 22:07
自然の循環の中で栄養は供給される
at 2017-01-01 21:18
きれいな花は子孫を残すため
at 2016-03-27 11:59
食料は足りるのか
at 2016-03-13 11:00
自然農法の土つくり2
at 2016-01-11 11:25
下ノ畑二行ッテ来マシタ
at 2015-08-22 19:57
芒種の本当の意味
at 2015-06-14 18:09
ゆく河の流れは絶えずして
at 2015-05-09 21:36
学会で認められる不耕起・草生栽培
at 2015-03-21 21:35
ムッシュー山下朝史とフレンチ..
at 2015-01-17 19:14
100年前の神奈川県の食事
at 2014-12-27 23:02
「二百十日の畑の様子」その後..
at 2014-11-16 22:38
「二百十日の畑の様子」その後
at 2014-10-05 00:12
二百十日の畑の様子
at 2014-09-01 00:31
種を採る
at 2014-06-15 21:14
春の楽しみ
at 2014-04-13 23:44
安心安全な野菜は種で選ぶべし
at 2014-03-19 20:57
無肥料栽培は美味しい!
at 2014-02-02 11:22
Life in all it..
at 2014-01-12 18:12
2013秋の無肥料畑
at 2013-11-02 23:39

検索

以前の記事

2017年 01月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月