カラダの細胞や魂が喜ぶ、いのちのつまった野菜つくりを追求し、自家採種、無肥料、自然農、自然農法、自然栽培を実践中。農薬を使用しないのではなく、そもそも使用する必要がないことが健康の証です!


by shizenchiyuryoku

プロフィールを見る

「二百十日の畑の様子」その後

前回から約1箇月がたちました。
「二百十日の畑の様子」のその後を紹介します。

まずは、里芋から。
いい生育です。肥料を使っている近所の畑の倍の大きさです。作物をつくるのは肥料だけではないということが証明されたように思います。
こちらはいつもの場所
d0190369_23144599.jpg

こちらは肥えていないけど水分が多い場所
d0190369_23153346.jpg



次は、大豆。
9月1日は花が咲いていました。今は、こんなに生い茂り、莢もたっぷりついています。

d0190369_23183735.jpg

枝豆にしました。先週は本当に甘くておいしかったけど、本日は少し採り遅れで、粒は大きいけど、風味が落ちてました。莢の産毛が少し茶色く見えたのが時期が過ぎたサインでした。枝豆は収穫適期が3日ほどしかないのです。ちなみに本当においしい枝豆は、初夏のもの(早生)でなく、今の時期の晩生のものです。この後は大豆として11月に収穫します。
d0190369_23233822.jpg



次は胡麻。
前回は花が咲いていました。今は、はじけてこぼれそうになっており、収穫です。根元から切り、干してから中身の胡麻を取り出します。
d0190369_2330096.jpg



次はネギ。
4種類の味比べ実験は続いています。今日は土寄せしました。1か月前より太く立派になっています。
こちらは海藻(塩コンブみたいですが、夏に海岸でとったものです)を混ぜる実験。
d0190369_233257.jpg

こちらは、もみ殻だけのもの、刈り草に米ぬかをふったものを実験。
d0190369_23332465.jpg

そして、新しく4品種の種をまき、苗を作っています。
d0190369_23343567.jpg



次は葉物とカブ。
2種類の半結球白菜、昨年種取りした葉物、そしてカブ2種類。この畑に合う品種を選んでいます。
d0190369_23365610.jpg

d0190369_2337344.jpg

そして去年のこぼれ種の自生白菜と自生大根(元気すぎるー!)
d0190369_23384950.jpg



大根。
購入種(固定種)と種取りした種、そして新たに試している品種。
実は虫にやられたものと、全くやられていないものに分かれています。
理由として考えられるのはふたつ。
1.播く時期を2回に分けたが、早い時期ははかなりやられた。
2.播種の1か月前に耕した畝と自然農的な畝。耕した畝のものがやられた。
ここまで違うとは面白い!大いに参考になる。
d0190369_23502165.jpg



今日は多くの虫に会った。虫が多い畑は楽しい気持ちになれる。自分も一緒に生きているんだと感じられる。一方で、そこには食うか食われるかの厳しい世界も広がっているのだが、そのこともいろんな気づきを与えてくれる。
d0190369_2352263.jpg

d0190369_2353344.jpg

d0190369_23533519.jpg

d0190369_235498.jpg

d0190369_2354516.jpg

d0190369_23552350.jpg

by shizenchiyuryoku | 2014-10-05 00:12 | Comments(2)
Commented by yakutyan at 2014-11-11 21:19
見事な成長で美しすぎます☆
ゴマ・・・初めて見ました!!あんなふうになっているんですね♪
Commented by shizenchiyuryoku at 2014-11-15 23:03
yakutyanさん、こんにちは。
作物の成長過程の変化は本当に面白いです。そして最後まで見届けると、私たちが何を食べているのかが見えてくると思います。今後も色々アップしたいと思います。

カテゴリ

全体
基本的な考え方
土作りについて
イベント
雑草の楽しみ
庭を畑にする
食料安全保障

最新の記事

日本の野菜は海外で「汚染物」..
at 2017-01-14 22:07
自然の循環の中で栄養は供給される
at 2017-01-01 21:18
きれいな花は子孫を残すため
at 2016-03-27 11:59
食料は足りるのか
at 2016-03-13 11:00
自然農法の土つくり2
at 2016-01-11 11:25
下ノ畑二行ッテ来マシタ
at 2015-08-22 19:57
芒種の本当の意味
at 2015-06-14 18:09
ゆく河の流れは絶えずして
at 2015-05-09 21:36
学会で認められる不耕起・草生栽培
at 2015-03-21 21:35
ムッシュー山下朝史とフレンチ..
at 2015-01-17 19:14
100年前の神奈川県の食事
at 2014-12-27 23:02
「二百十日の畑の様子」その後..
at 2014-11-16 22:38
「二百十日の畑の様子」その後
at 2014-10-05 00:12
二百十日の畑の様子
at 2014-09-01 00:31
種を採る
at 2014-06-15 21:14
春の楽しみ
at 2014-04-13 23:44
安心安全な野菜は種で選ぶべし
at 2014-03-19 20:57
無肥料栽培は美味しい!
at 2014-02-02 11:22
Life in all it..
at 2014-01-12 18:12
2013秋の無肥料畑
at 2013-11-02 23:39

検索

以前の記事

2017年 01月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月