カラダの細胞や魂が喜ぶ、いのちのつまった野菜つくりを追求し、自家採種、無肥料、自然農、自然農法、自然栽培を実践中。農薬を使用しないのではなく、そもそも使用する必要がないことが健康の証です!


by shizenchiyuryoku

プロフィールを見る

カテゴリ:雑草の楽しみ( 6 )

春の七草

 ご存知のように「春の七草」粥を食するのは、1月7日の人日の節供です。旧暦の1月7日が昨日2月16日でした。新暦の1月7日の私の畑は、寒さで凍っており、七草どころではありません。旧暦の正月(今年は2月10日)すぎてからやっと春らしい畑に彩られつつあります。ひと足早い野草たちが、小さいながらも動きだしており、生命の活動がいたるところで感じられるようになりました。


 さて、現在いわれる「春の七草」とは

せり
なずな
ごぎょう(ははこぐさ)
はこべ
ほとけのざ(コオニタビラコ)
すずな(蕪)
すずしろ(大根)

ということです。

 七草の種類や歴史も諸説あるようですが、
「現在の7種は、1362年頃に書かれた『河海抄(かかいしょう)』(四辻善成による『源氏物語』の注釈書)の「芹、なづな、御行、はくべら、仏座、すずな、すずしろ、これぞ七種」が初見とされる(ただし、歌の作者は不詳とされている)。これらは水田雑草ないし畑に出現するものばかりであり、今日における七種類の定義は日本の米作文化が遠因となっている。」
 ということだそうです。

 私も草を生かす畑を自負する以上、七草を自給して食するのが前々からの楽しみでした。ですが、上記の7種が自分の畑の中ではそろいません。「せり」などは、もっと水辺じゃないと無理なのでは、と思っていました。

 自然に生えてくるのを待つのみで、植えることはしないで待っていました(大根と蕪を除く)。しかし、いつまでも待っている訳にもいかず、とうとう勝手流「俺の七草」なるものを選抜しました。

それでは発表します。
俺の七草
「はこべ」(これは同じ)
「すずしろ」(これも同じ)
「ほとけのざ」(私のはシソ科のもので上記のとは同名ですが別物です)
「からすのえんどう」
「みつば」(ちょっと寒さで厳しいが頑張って自生しています)
「ひめおどりこそう」
「オランダミミナグサ」
となります。


いづれもまだ草丈5センチくらいの幼い赤子のようなものばかりです(大根除く)。

味はというと、まだしっかりとした味はしないのですが、土臭かったり、苦かったり、ほとんど無味だったり、ほんのり甘かったり、です(しっかりした大根の味がする大根の葉を除く)。
また、滋養に良い、などという成分や体に良さそうな西洋的合理的な強さはなさそうで、それよりは優しい優しい外観と食感と味覚、大切にいたわっていただくような、まさに日本の心のような感じですね。

写真で紹介します。

「はこべ」と「からすのえんどう」
d0190369_20131375.jpg


「すずしろ」
d0190369_20135395.jpg


「ほとけのざ」
d0190369_2014346.jpg


「みつば」(ちょっと寒さでやられています)
d0190369_20151370.jpg


「ひめおどりこそう」
d0190369_20155339.jpg


「オランダミミナグサ」
d0190369_20163763.jpg


そして、さっそく鍋の後の雑炊でいただきました。
d0190369_20174460.jpg



「俺の七草 玄米雑炊」。
ごちそうさまでした。
by shizenchiyuryoku | 2013-02-17 20:25 | 雑草の楽しみ | Comments(0)

春の草たち

春は一年のなかで一番好きです。
少し前までじっと耐えていた草たちがいっせいに春を謳歌します。
冬野菜たちがトウ立ちし花を咲かせます。
そして花に誘われた蝶や蜂たちが受粉の手伝いをします。
そうです。冬野菜が子孫を残すために美しくアピールします。
野菜の一生を見守ってあげられることは幸せです。
花の匂い、緑の匂い、そして土からは微生物たちの匂い。
そういうなかにいると、ここが極楽なのだ、と思えてきます。

今日は春の草たちと野菜たちを写真で紹介します。

これが私の極楽絵図です。
d0190369_2114063.jpg

ぎしぎしとすかんぽです。
d0190369_2121228.jpg

たんぽぽ(西洋ですが)
d0190369_2124217.jpg

ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、カラスノエンドウ
d0190369_2132368.jpg

ミツバ
d0190369_213534.jpg

ブロッコリの花
d0190369_2142381.jpg

ヒヨドリ攻撃から復活した白菜の菜花
d0190369_2145289.jpg

大麦
d0190369_2152379.jpg

小さなオオバコ
d0190369_215522.jpg

フキ
d0190369_2162522.jpg

そして夕食はつくしの油炒め(美味すぎ!)
d0190369_217363.jpg





by shizenchiyuryoku | 2012-04-15 21:09 | 雑草の楽しみ | Comments(0)

雑草を食べる(追加)


前回の「雑草を食べる」の追加写真です。
今回は記録写真のため、コメントは少ないのでお許しを。

1、ツユクサ
   ・畑のツユクサは少し旬が過ぎたかもしれない。葉が硬くなりだした。
   ・でもまだまだ生でもいけます。
   ・湯がくとかえって硬くなりますが、くせなく食べられます。醤油が合うね。
d0190369_22395196.jpg


2、オオバコ
   ・もう少し早い時期が良かったかな。やはり硬くなっている。
   ・生だと「まずーい青汁」そっくり。そこがいいけどね。
   ・新葉でも固いので、しっかりと茹でる。しっかり茹でるとくせなく食べられる。
d0190369_22455570.jpg


3、ヤブガラシ
   ・今回は生写真だけ出演。先端は柔らかい。
d0190369_22491892.jpg


皆さんならどんな味付けしますか?










by shizenchiyuryoku | 2011-07-03 22:55 | 雑草の楽しみ | Comments(4)

雑草を食べる


今まで数回にわたり、雑草のパワーのこと、野菜より栄養があること、昔から食されていた事実などを書いてきました。これからもこの話題は取り上げていきますが、理屈でなく実践ということで、

今回は食べます!

食べ方については、先人・先輩の知恵が詰まった本もあります。参考にしつつ、パワーのありそうな、生き生きとした、自分が食べてみようと思ったものを取り上げています。季節が変わると草の旬もかわりますから、旬を見逃さないで食します。草も生き生きとしているものは美味しく、弱っているものは苦かったりします。野菜と同じです。雑草食の実践は不定期にブログに追加します。


1番目は「ツユクサ」です。
ツユクサは茎が分断されても、両方から根が出ること、上にも横にも体を自在に広げるので、見た目はかわいいけど、手強い奴です。
畑で、ツユクサをじっと見つめていたら、先端が若々しくて食べられそうと感じました。おもむろに先のほうをちぎって、ばくっと口に入れました。
おお、くせもなく、しゃきしゃきして旨いではないか。これなら特にアク抜きの必要もなく、少し湯通ししたら、和え物、酢の物、炒め物、なんでもいけると思います。


2番目は「ヤブガラシ」。
こいつは手ごわそうだ。つるの繁殖力は半端でない。食べたら、巻きつかれて絞め殺されるのではないか、というくらいの緊張感で近づく。じっと見ると、やはり先端近くのつるや、先端近くの葉は柔らかそうだ。えいっと、先端の蔓をちぎって口に入れる。
おお、柔らかくていける。しかも少し甘みがある。葉っぱは少し噛んでいるとぬめりがでてきて夏の野菜らしい。
とはいえ、生だとクセが強いので、茹でて、しっかりと水にさらすことに。
そうするとクセがなくなり食べやすい。葉っぱは茹でてもかなりしゃきっとしている。
しょうゆでもいいし、ごま油と塩で和えたり、めんつゆ・みりん・胡麻もいける。
坦々麺やタイの辛いスープでもいけるかなあ、夏の暑さ対策だなあ。と満足満足。
d0190369_17305632.jpg

d0190369_17314653.jpg


3番目は「どくだみ」。
さすがに臭みが強く、生はつらいですね。
しっかり湯に通し、何度も水を換えてよくさらします。
そうすることで臭みが抜けてきます。
和え物では醤油がないと臭みに負けてしまいますが、いけます。
現在は、葉を干して「どくだみ茶」を作っています。
d0190369_17323118.jpg


今回はこんなところです。
私は料理はあまりできないので皆さんでいろいろ試してください。
よかったらコメントに(非公開希望でもいいです)紹介してください。
身近にあり、エネルギーの詰まった雑草を見逃す手はないですよ。


前々回にとりあげた「たべもの戦国史」。
古代(日本書紀のころ)兵士は、携帯食として
①乾飯(かれれい)あるいは干飯(ほしいい)といって、コメを蒸して日にさらして干し上げたものを食した。
歩きながらでもぽりぽり補給できるし、水や湯でもどすとお茶漬けのようになる。
②「塩」「味噌(古代は味噌の先祖の穀醤)」は必須
③そして野山に自生している雑菜を採種した
とあります。

日本書紀のころの兵士もヤブガラシやどくだみを食べていただろうか。
だから暑く長い戦を戦えたのかもしれないな。








by shizenchiyuryoku | 2011-06-30 17:44 | 雑草の楽しみ | Comments(0)

野菜と雑草のパワー比較

日本食品標準成分表はご存知かと思います。文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会が調査して公表している食品の成分に関するデータです。学校や病院などの給食業務で栄養素を計算する上で重要な資料のひとつで、食品100g当たりの食品成分の含量などが示されています。

現在は2005年に『五訂増補日本食品標準成分表』が出されていますが、古くは1950年から改訂を重ねてきているので、昔の食品との成分比較もできます。

そこでオリジナルで成分比較にトライしてみました。
私の目的は、
①野菜と雑草はどちらが栄養があるのか。
②昔と比較して、野菜・雑草の栄養は変化しているのか。
を明らかにすることです。

注意いただきたいのはこれは参考値ですから、絶対ととらえないでください。成分を調査するために使った野菜が、いつ、どこで、どのような方法で栽培されたかによって値は変わって当然だと思います。冬のほうれんそうと夏のほうれんそうは食べれば栄養の違いはわかりますね。つまりこの調査は季節に合ったサンプルを使っているかどうかで大きくぶれる余地があります。私は慣行農法野菜と有機野菜と無肥料野菜の比較が見てみたかったのですが残念ながら比較できません。食べれば違いはわかりますが。。

では私が独断で選んだ野菜と雑草の比較から見ていきましょう。
d0190369_92533.jpg










いかがですか。見づらいかも知れないので主要成分ごとにグラフにします。横軸の野菜・雑草の並び順は同じです。
d0190369_9253319.jpg

カリウム
d0190369_9261438.jpg

カルシウム
d0190369_9264624.jpg

マグネシウム
d0190369_9271546.jpg

リン
d0190369_9274421.jpg


d0190369_928101.jpg

βカロチン
d0190369_928444.jpg

ビタミンC
d0190369_9291629.jpg

食物繊維総量
d0190369_9294570.jpg


いかがですか。多くで雑草パワーが勝っていますよね。

次に昔の野菜・雑草と今のそれを比較しました。
d0190369_9322219.jpg





傾向として野菜は低下しているが雑草は変わらないことが分かりますね。
私が理由として想定するのは、
①化学肥料の利用により土が疲弊し結果として野菜の栄養も低下している。比べて雑草は、もともと無肥料であるがゆえに変わっていない。
②現代人の好みに合わせた野菜の品種改良が、食べやすいけどチカラを失うことになってきている。雑草は品種も変わらないので強さも変わっていない。


いかがでしょうか。雑草パワーの事実を理解いただけたでしょうか。
by shizenchiyuryoku | 2011-06-22 21:37 | 雑草の楽しみ | Comments(2)

雑草系男子のススメ


前回の「土の上でも10年」の記事はやや悲観的な気持ちで書いた記事です。
同じ畑を見て、違う視点で書くと今回の記事になります。
同じ現象でも見る視点、見る気持ちによって違うように見える、これは深い真理ですね。
つまりは、こころのありかたであると。
(ブッダに近づいたような気になって悦の私(^_^;)を装っていますが、初期仏教のアルボムッレ・スマナサーラ老師の著書の受け売りです。)


ではここからが、今回の記事です。初めの書きだしだけが同じです。

今の畑は草の勢いがすごいです。ハコベ、ホトケノザなど春の優しい草たちとは一転して、夏の荒々しい草に覆われています。目につくのは、イネ科のオギやチガヤの類、キク科のヒメムカシヨモギ似のもの、つる性のヤブカラシ、カネムグラ、地下茎が伸びるヨモギ、ドクダミ、コウブシなど、畑が野生化し、森に変わっていくのではないかと恐れおののきます。普通の農家なら気が狂うほど嫌がるものばかりです。

恐れおののくのは当然です。雑草たちの戦場を見ている訳ですから。(あえて雑草といいます)

ヤブガラシは、つるを猛スピードで伸ばし、土の表面を占領することで、日光を自分だけが得られるようにして他の草が生えないようにします。
ヨモギは群生をつくります。この密集した群生には他の草は入り込むことはできません。難攻不落の城です。
ヒメムカシヨモギは、高く背を伸ばし、日光を確保します。近隣の草から、日当たりが悪くなったと苦情を言われても知ったことではありません。


雑草たちのたくましい生存戦略の例は以下の通りです。(参考文献:「雑草たちの陣取り合戦」根本正之著)

①種からの発芽はいっせいにすることはありません。いっせいに発芽したときに何かあったら全滅してしまいますから、時期を分散して発芽します。リスクを分散しています。種の寿命は10年から20年あるものはざらで、600年も土のなかでじっとしていたハコベや2500年前の縄文遺跡から発掘されたシロザやトウバナの種が発芽したという話があるくらいです。農家がいくら草を取っても勝てるわけがありません。

②発芽したらいちはやくに自分の陣地を確保する能力があります。日光や水を確保するために、素早く高く伸び、高くから葉で覆い光を与えずに相手を抑え込みます。そしてライバルが入り込まないように株をつくり陣地を強化して鉄壁の守りをします。ススキやギシギシなどはこの戦術です。

③あるいはヤブガラシのように、つるを横にも上にも猛スピードで伸ばし、表面を占領することで、日光を自分だけが得られるようにして他の草が生えないようにします。ヤブをも枯らすとの名前は伊達ではありません。つる性でなくとも地下茎でのびていくチガヤ、セイタカアワダチソウなども同じ陣地拡大型の戦術です。

④そして②と③の戦術をその時の情勢によって柔軟に使い分けるメヒシバやツユクサがいます。発芽したときにライバルがいないとわかると横に伸び陣地を拡大します。ライバルがいるとわかると上に伸び光を確保しようとします。

⑤種(子孫)をすごい数で残します。1株あたりの種数はハコベが1,630、ナズナが9,600、アカザが31,200、大株のヒメムカシヨモギは820,000ということです。そして風や動物に付着したりしていろんな戦術で種を遠くまで運ばれます。

⑥メヒシバ、ツユクサなどは茎が切られても節から根を出すので両方が生き延びます。ヤブガラシ、ヒルガオ、チガヤなどの地下茎のあるものも耕すとバラバラになってもひとつひとつから再生してきます。

⑦セイタカアワダチソウはアレロパシー物質を出してほかの植物の生育を抑えます。


いかがですか。驚きますね。すべての草たちは、自分たちが生き残るために、したたかで強く柔軟な戦略を持っています。相当な戦略や戦術ですね。この草たちの知恵と力がぶつかり合っているのですから、人間が見てもその気配を感じて恐れおののくのは当然と思います。

自然界は生存競争ですね。残酷だけどそれが現実だと畑をみていても感じます。けっして優しい癒し世界だけではありません。動物界もそうですね。強いオスが選ばれ、子孫を残すことができる。種によってはひとりのオスが多くのメスを囲う(少し憧れてみたりして^_^;)。人間界は特別なルールで優しく生きられるのですね。一夫一妻の結婚とはそういうことですね。国が何かを略奪されても戦争を起こさないで降伏するのも種を残すためでしょうか。この話題はむつかしいのでやめておきますが、優しさだけでなく強さは今の時代にこそ必要ですね。

話はかなり飛びますが、アメリカが戦争のときに次から次へとくる日本兵に恐怖を覚えたという話が本当なら、それは雑草に対して恐れを抱く私たちと同じ気持ちかもしれません。日本を戦後教育などで骨抜きにしたのは雑草をハウス栽培の野菜に変えたようなものでしょうか。日本は実は「瑞穂の国」なんて美しいものではなく「雑草の国」なのではないかと、思いつきました。雑草のように何があっても生き抜く力がある。何度でも立ち上がる。日本男子も厳しくなるこれからの世界の中で、たとえ草食系男子であっても、強くしたたかで柔軟な「雑草系男子」でいたらいいのではないか、と考えました。。


d0190369_23453449.jpg

我こそが先だ

d0190369_23511636.jpg

カラスノエンドウの終わった時期を見計らって陣地取るぞ





by shizenchiyuryoku | 2011-06-18 23:55 | 雑草の楽しみ | Comments(0)

カテゴリ

全体
基本的な考え方
土作りについて
イベント
雑草の楽しみ
庭を畑にする
食料安全保障

最新の記事

日本の野菜は海外で「汚染物」..
at 2017-01-14 22:07
自然の循環の中で栄養は供給される
at 2017-01-01 21:18
きれいな花は子孫を残すため
at 2016-03-27 11:59
食料は足りるのか
at 2016-03-13 11:00
自然農法の土つくり2
at 2016-01-11 11:25
下ノ畑二行ッテ来マシタ
at 2015-08-22 19:57
芒種の本当の意味
at 2015-06-14 18:09
ゆく河の流れは絶えずして
at 2015-05-09 21:36
学会で認められる不耕起・草生栽培
at 2015-03-21 21:35
ムッシュー山下朝史とフレンチ..
at 2015-01-17 19:14
100年前の神奈川県の食事
at 2014-12-27 23:02
「二百十日の畑の様子」その後..
at 2014-11-16 22:38
「二百十日の畑の様子」その後
at 2014-10-05 00:12
二百十日の畑の様子
at 2014-09-01 00:31
種を採る
at 2014-06-15 21:14
春の楽しみ
at 2014-04-13 23:44
安心安全な野菜は種で選ぶべし
at 2014-03-19 20:57
無肥料栽培は美味しい!
at 2014-02-02 11:22
Life in all it..
at 2014-01-12 18:12
2013秋の無肥料畑
at 2013-11-02 23:39

検索

以前の記事

2017年 01月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月