カラダの細胞や魂が喜ぶ、いのちのつまった野菜つくりを追求し、自家採種、無肥料、自然農、自然農法、自然栽培を実践中。農薬を使用しないのではなく、そもそも使用する必要がないことが健康の証です!


by shizenchiyuryoku

プロフィールを見る

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

音と野菜

私は以前からマドモアゼル・愛さんのブログを読んでいてファンでした。西洋占星術家として有名ですが、日本古来の和歌の披講の活動をされたり、これからの生き方を提言されたりと、とても多才な方です。著書「森と平野に分化定住する時代」やブログはとても参考にさせていただいています。

過日、愛さんの「倍音ヒーリングボイス講座」なるものに行ってきました。私は倍音なんて言葉は初耳で意味もわからず、ただ愛さんにお会いしたいという気持ちで出かけましたが、とても学びの多い講座でした。

私の能力では皆さんにうまく説明できませんので、「星と森披講学習会」の本の中の中島宝城さんの文章を参考にさせていただきながら、学んだことを紹介します。


まずは和歌についての話です。

和歌はひとつは「和」の歌であり、和をもって貴しとする、の和であり、合わせるという意味を持ちます。なにを合わせるかというと、歌の場合は声を合わせます。西洋音楽のように一人の絶対的な指揮者の意図に合わせるのではない。声を合わせ、息を合わせ、心を合わせ、共に和らぐということです。

また古今和歌集の序文にはこのようにあるそうです。

「和歌(やまとうた)は、人の心を種として、万(よろず)の言の葉とぞなれりける。(中略)花に鳴く鶯、水に住むかはずの声を聞けば、生きとし生けるもの、いづれか歌をよまざりける。力をも入れずして天地(あめつち)を動かし、目に見えぬ鬼神をもあはれと思はせ、男女(をとこをむな)のなかをもやはらげ、猛き武(もののふ)の心をもなぐさむるは、歌なり」
と、人間だけでなく鶯や蛙をはじめ、生きとし生けるものすべてが歌を詠むとあります。
和歌の理想は、自然の万物や超自然との平和と共存を願う心であったようです。

和歌の意味の二つ目は、和の「歌」です。すなわち声に出して歌うことで、美しく力強く人の心を打つことが出来るということです。黙読して意味を考えて終いというのは現代短歌の誤った道であるそうです。

私は和歌に対して少し興味を持ちました。宮中歌会始のようなものは自分には縁のない儀式であると思っていましたが、自然との調和という意味を知り、身近に感じることができました。



もうひとつ興味深い話を聞きました。

角田忠信博士の研究では、西欧人と日本人では、音に対しての認知機構、脳の処理方式に大きな相違があるそうです。
西欧人は人の言葉を左脳で認知する以外は、自然音や楽器音、そのた人工音をすべて右脳で処理します。日本人は人の言葉のみならず、人の泣き声・笑い声・嘆き声をはじめ、動物・鳥・虫の鳴き声、川のせせらぎ、波の音、風の音まで左脳で認知し、右脳では人工音(機械やゲーム音など)のみ認知するとのことです。
そしてその理由は、人種によるものでなく、子供のときに身につけた言語つまり日本語特有のものだそうです。日本語は母音だけでも意味を持つ言葉がありますが、他国は子音との組み合わせの言語です。そのため日本人は母音だけでも言語として左脳で認知しますが、西欧人は母音だけでは言語と認知せずしたがって左脳では認知しない。ちなみに母音は本能的に発せられる生命言語で、子音は意味をくわしく合理的に説明するのに適しています。

さて、自然音というのは音の振動の形が母音の音形に類似しているそうです。だから日本人は自然音を左脳で認知するということです。
したがって日本人は、ニャーという音を発する猫を仲間と捉えるので殺せない、というのが愛さんの見解でした。そして日本人と西欧人のどちらが優れているということではなく、世界無比のこの日本人の特性をこれからの世界に生かしていくべきだ、というご意見でした。なるほど、これからの世の中で平和と共存を実現できるのは日本語ですか。侵略と殺戮と強奪を繰り返してきた人たちも日本語で育てば、平和な社会をきづけるのだろうか。



ここまでお付き合いいただきありがとうございます。^_^;

さて私がこの話題を取り上げたのはお察しのとおり、植物も人間や虫や風の音を認識するのではないかということです。人間が大根の音を聞き分けるのは難しいですが(本当は出来るのか??)、大根は人間やその他の音を認識しているのではないかということです。

そこで早速調べてみたらありました。すでに色々な実験や実践がされています。

・太平洋の島々の農民の中には作物の収穫を向上させるために鳥の鳴き声をまねるものがいることが1930年に発見された。
・1960年くらいから米英加などで実験が行われてきた。アメリカでは、かぼちゃ畑を区分し、片方にはクラシックを片方にはロックを8時間流したところクラシックのほうはスピーカーに蔓がまきついたが、ロックのほうはスピーカーと反対側に伸びていった。
・モーツアルトを聞かせた野菜は収量が上がる。日本でもトマトや鶏卵、キノコを栽培している農家がある。
・あるタンパク質の合成が促進されるメロディーを使い分けて生育する。(植物工場みたいで個人的に好きでないが。。)


畑に立っていると様々な心地よい音が聞こえてきます。風、葉のそよぐ音、鳥(からすが目立ちますが)、タイワンリス(^_^;)、セミ、こおろぎ、、、、、当たり前に昔から聞いている音ですが、本当に心地よい。鳥が会話しているのがわかるから(会話の内容はわかりませんよ)、中に入ってやろうかとおもうくらい。これは完全に仲間同類化していますね^_^;。
だから私の場合は、畑にスピーカーを設置する必要がないのです。たぶん、最高に気持ち良い倍音が畑にあふれているのだと。
そして虫も草も敵にしない農法は野菜にとっても最高に気持ち良い農法だと思うのです。


最後に。マドモアゼル愛さんの講座で、「自分オリジナルの擬音(マントラ)をつくる」というのがありました。たとえば肩こりの人は肩こりに効くお自分専用の音をつくるというものです。皆さんそれぞれにつくられた擬音はすごかったです。私がその時浮かんで発表した音は、いつも心地よく思う音です。。。。。。

シャー シャー シャー シャー シャー シャー

何の音だかわかります?



by shizenchiyuryoku | 2011-11-23 23:22 | Comments(2)

芋掘りのご案内



突然ですが、芋掘りのご案内をします。いつもブログを読んでくださる方で、参加ご希望の方がいらっしゃいましたら下記方法にてご連絡ください。


今年は放射能事故があり、影響がゼロではない畑に人を呼ぶのは気が乗らなかったのですが、小さな畑を見ていただき無肥料自然農法の一片を感じていただけたらと考え決断しました。芋掘りは良い機会ではないかと考えました。

あまりに突然で日にちもなく、申し訳ありませんが、参加希望を募りたいと思います。



「申し込み方法」

・簡単な住所、氏名、メールアドレス、簡単な自己紹介、聞きたいことや希望すること等をご記入の上、コメントに残してください。コメントは非公開にします。
・詳細はいただいたメールアドレスに24時間以内に送付します。
・天候による中止などの案内はコメント欄に出しますので特に実施日が近づいたら時々ご確認ください。

日時:11月13日(日)9:00-12:00
   ※畑案内と芋掘りをおこないます。
   ※農作業やおしゃべりを希望する方は午後もどうぞ。
   ※20日(日)も検討しましたが天候がわからないので(悩)。。(強いご希望があればお送りください。。。)

場所:北鎌倉の畑(北鎌倉駅から徒歩20分。詳細別途)

参加費:おひとり2,000円(子供は無料)

定員:広くない菜園なので10名強と考えています。

持ち物:お弁当と飲み物とマイカップ(終了後すぐお帰りになっても大丈夫です)、汚れて良い服(長袖長ズボンがよいかと)、手袋(軍手では土が入りますので気になる方は厳重に)、トイレはできるだけ済ませてきてください。

以上

d0190369_19591827.jpg

d0190369_19595797.jpg

d0190369_2003793.jpg

by shizenchiyuryoku | 2011-11-07 20:02 | イベント | Comments(0)

土の固さ



前回の記事でMOA自然農法大仁農場において「土が固いのではないか」とアドバイスいただいたことを書きましたね。

早速、土の固さを調べるために、土中に棒がどのくらい差し込めるのか、やってみました。

多くの畝は手で触ると表層の10-20センチくらいはフカフカでやわらかいのだけど、その下は粘土質で湿っていて、固く冷たい感じがする。
そして棒差しの結果は畝により違いますが、平均で40センチ、一番良くて90センチ、、固いところは5-10センチでした。この結果はショック。もうすこしいいと思っていた。

隣の畑も測りました。
ロータリー耕をしていて、農薬不使用だけど化学肥料は使用するAさんのところは150センチ以上で、棒の長さの関係でこれ以上は測定できず。どんどん入っていく感じ。
ロータリー耕をしていて、農薬使用で化学肥料使用のBさんは130センチくらい。Aさんのところと違い、少し締まっていることと、途中で一旦固い層にひっかかった感触がある。農薬が原因かな。

どちらにも農法からしたら負けていないつもりのに、私の棒が全く及ばぬこの結果はどういうことだ!
相当落ち込みました。チカラが抜けました。やる気が。。。。。



少し気持ちが落ち着いてから考えたこと。原因はこのように考えています。

私の畑は造成畑で、客土した後に重機で固く締めたところ。宅地のようなものです。一方隣の畑は、40年以上も畑作を続けてきたところで、客土も圧縮もしていない。この差がはっきりと表れているのだと思います。

そして自分の過去の記録を調べると、90センチの畝は以前に170センチ掘り起こしたところ。5-10センチのところは実験として不耕起にしてあるところ。40センチのところは、20-30センチくらい耕起し、その上に20センチくらい土を盛ったところ。ということが明らかに。
なんだ、耕起したかどうかの違いだけではないか。農法なんて関係ないのではないか。(まだ気持ちが動転している。。。^_^;)



もっと時間が経ち、さらに冷静になってから考えたこと。

始めの条件はどの農地でも異なるものである。土が異なるので、各々が抱える課題も異なる。理想の状態に近づけるために各々がその土地に適した方法で色々試す。始めの条件も色々あるが、ちょっと考えても、こんなことが考えられる。
1、ずっと農薬・化学肥料を使い疲弊した土の畑。
2、耕作放棄が長く続いた畑。
3、田んぼを畑に転換する畑。
4、ガチガチ粘土で水はけの悪い畑。
5、砂地で乾燥しすぎる畑。
6、造成地を畑にする場合。(庭も含む)
それぞれに悩みが違うから、理想に近づける方法はちがうのだ。それを網羅的に説くのが自然農法や自然農であり、各人が自分なりに考え、自分に適した方法で微調整していくべきものであるのだ。
大仁農場も瓦礫と火山灰で草も生えないところが生まれ変わっているではないか。
私の場合は6を貴重にも経験させてもらっている。そして5年でようやくみえてきた。だから似たような環境の人にはアドバイスもできる。初めから完璧な畑だったら学ぶことも少なかったではないか。
(かなり前向きになってきました。今までもこんなことの繰り返しですー^_^;)


さて、前向きに気持ちが落ち着いたところで。
では私に与えられた課題をどのように解決していこうか。そう考えだすと、色々試したいことが浮かんできました。ということで、この冬は来年に向けて実験準備ができるなあ、とワクワクしてきました。(まったく気が変わりやすい奴だ^_^;)


もっともっと考えると。
棒が入るのが、すべての指標かというと、そうでもないのではないかと考える。土の固さの指標であっても、作物の生育の指標のすべてではないかと。
なぜなら、今秋の今のところの様子では、70センチが入る畝よりも刈り草たっぷりの40センチの畝のほうが、葉物の生育が良いこと。そして、以前紹介した自生大根「聖大宮」は10センチのところに生育しているという事実。。。。。。これをどう解釈するのか。。。。。

それに150センチ以上入る方の作物は虫害に悩まされているが、40センチの私のところはほとんど虫害がない。現代農業バックナンバーなどを読みあさっても、「あえて耕盤の下は固くしておく」という方もいるほど考え方も様々である。

棒がすべてではないことは明らかだな。いやあ、奥が深い。。深みにはまってゆきまする。。。。。




追伸:
以下は岡田茂吉さんの本を我流に超超・短縮解説したものです。

自然農法の原理とは土の威力を発揮させることであり、肥料に頼るのは人間の間違いである。肥料(化学肥料、人糞、動物糞尿など)をやると一時的には効果あるが、作物が土の養分を吸う本来の性能が衰え、いつしか肥料を養分としなければならないように変質してしまう。それを麻薬中毒と例える。施肥の結果、作物は弱くなり、病虫害が出ること、味が別次元であることなどを挙げている。
それらを肥毒とよび、肥料により土を汚さないように、土の清浄を保つことを説く。

自然堆肥使用は認めており、それは田んぼにおいては細かく切った稲藁であり、畑においては枯れ葉や枯れ草の筋が柔らかくなるまで腐植させたものである。自然堆肥は肥料分を目的としておらず、土を固めないこと、土を温めること、そして敷くことで土の湿り気を保つことの3点を目的としている。

火水土の3元素のことや霊的なもののことも伝えているが、ここでは省略する。このあたりはシュタイナー的であると感じた。
by shizenchiyuryoku | 2011-11-04 20:48 | 土作りについて | Comments(2)

カテゴリ

全体
基本的な考え方
土作りについて
イベント
雑草の楽しみ
庭を畑にする
食料安全保障

最新の記事

日本の野菜は海外で「汚染物」..
at 2017-01-14 22:07
自然の循環の中で栄養は供給される
at 2017-01-01 21:18
きれいな花は子孫を残すため
at 2016-03-27 11:59
食料は足りるのか
at 2016-03-13 11:00
自然農法の土つくり2
at 2016-01-11 11:25
下ノ畑二行ッテ来マシタ
at 2015-08-22 19:57
芒種の本当の意味
at 2015-06-14 18:09
ゆく河の流れは絶えずして
at 2015-05-09 21:36
学会で認められる不耕起・草生栽培
at 2015-03-21 21:35
ムッシュー山下朝史とフレンチ..
at 2015-01-17 19:14
100年前の神奈川県の食事
at 2014-12-27 23:02
「二百十日の畑の様子」その後..
at 2014-11-16 22:38
「二百十日の畑の様子」その後
at 2014-10-05 00:12
二百十日の畑の様子
at 2014-09-01 00:31
種を採る
at 2014-06-15 21:14
春の楽しみ
at 2014-04-13 23:44
安心安全な野菜は種で選ぶべし
at 2014-03-19 20:57
無肥料栽培は美味しい!
at 2014-02-02 11:22
Life in all it..
at 2014-01-12 18:12
2013秋の無肥料畑
at 2013-11-02 23:39

検索

以前の記事

2017年 01月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月