カラダの細胞や魂が喜ぶ、いのちのつまった野菜つくりを追求し、自家採種、無肥料、自然農、自然農法、自然栽培を実践中。農薬を使用しないのではなく、そもそも使用する必要がないことが健康の証です!


by shizenchiyuryoku

プロフィールを見る

<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

免疫力

先回の記事でカイチュウ博士の藤田紘一郎さんを紹介しましたが、またまた面白い対談がありました。
カイチュウ博士と発酵仮面こと小泉武夫さんの対談本です。
本のタイトルは「カイチュウ博士と発酵仮面の「腸」健康法」です。

もうおかしくておかしくて本当に腸・楽しい本です。
ふたりの抱腹絶倒の会話は本で楽しんでいただくとして、なるほどと感じた内容を箇条書きで紹介します。


・人間の免疫力をつくるのは70%は腸内細菌である。腸が強いと癌にも風邪にも強くなる。残りの30%は心の問題である。

・腸内には善玉菌も必要だが、悪玉菌もいないと免疫力が働かない。たとえば大腸菌は悪者といわれるが、野菜のセルロースを分解する酵素を人間は持っていないので大腸菌が野菜を分解してくれたり、他の悪玉菌をやっつける働きがある。
自分に都合のいい菌だけ増やそうとすると、全体がうまく働かなくなる。

・腸内細菌が免疫力の70%を担っているから、何を食べるかは大切なこと。
・腸内細菌のエサとなる穀類・野菜類・豆類・果物類を食べると腸内細菌が増えて免疫細胞を刺激する。(といっても偏った菜食主義者になるのでなく、ホルモンのために時々肉魚も食べるべきである)
・昔の日本食がよい。ご飯・根菜・菜っ葉・果物や青物・大豆(味噌汁や納豆や豆腐)・海藻・魚。考えると海藻と魚以外は土のものである。すべてミネラルを多く含んでいる。植物の栄養源は土のミネラルである。
・食品添加物や防腐剤は活性酸素が増えて腸内細菌が減り免疫力が落ちる。

・小泉さんは納豆を毎日食べて腸内に納豆菌をうようよ飼っているから悪い菌に負けない。ただし発酵食品は、毎日食べ続けないと効かない。

・健康状態はうんちでわかる。昔の日本人は1日平均300グラムのウンチをしていた、今は150がやっと。
・戦前の日本人は免疫力が強くウンチの量も世界一だった。いいウンチは臭くない。
・ウンチの半分は死んだ腸内細菌と生きた腸内細菌である。
・ウンチが小さいということは腸内細菌が少ない人である。

・免疫力の30%は心の問題である。笑ったり、いいことを考えると免疫力は上がる。



私が箇条書きにすると、せっかくの楽しい対談がなんだか味気ないものになってしまいました。それに対談はもっともっとためになる話でいっぱいです。。お許しください。。。



さて、人間は腸と腸内細菌が大切でした。そしてそのためにミネラルを含んだエサ(植物など)が大切でした。
一方の植物はどうでしょうか。
植物にとって人間の腸にあたるものは土壌であり根圏です。人間は咀嚼器官で食べ物を細かくし消化器官で消化されていきますが、植物は咀嚼できませんから食べ物を細かくするのは土壌生物や微生物の役割です。それらの力をかりて自分で消化していくのです。
だから土壌が生物相豊かなものでないと、健康な作物は出来ないのです。土壌を貧しくする化学肥料や農薬を使えば、生物はいなくなり、豊かなミネラルなど望めません。またたとえ有機肥料であっても肥料過多であると不健康な土壌になる。そしてできた不健康な作物を食べることは人間の腸内細菌にとっても良くないのは明らかだと考えます。

フランスの研究者アンドレ・ヴォアサン(1903-1964)は「動物と人間の病気を治したければ、まず土壌を健康にしなければならない。」と言いました。

健康な野菜つくりは一にも二にも健康な土壌つくりです。



by shizenchiyuryoku | 2012-02-23 00:09 | 基本的な考え方 | Comments(2)

「養生訓」と野菜

貝原益軒の「養生訓」。読んでみました。興味をもつ年齢になったということですね^_^;

益軒が83歳のときに書かれたもので、世人後世のために暖かい想いで遺されたものだそうです。医者ではなく哲学者であったゆえに、体の養生だけでなく心を問題とする人間学として現代まで読み継がれてきたということです。

読む人によってためになる箇所も異なるでしょうから、私のひっかかったところだけ紹介します。

まずは【養生法の要点】。ここに集約されているような気もします。(現代語訳 伊藤友信)

「養生の道は多言を必要としない。実行することは、ただ飲食を少なくし、病気を助長するものを食べず、色欲を慎み、精気をもらさず、怒り・悲しみ・憂い・思いなどの感情に激しないことである。
 心を平静にして気を和らげ、言葉を少なくして無用のことをいわないで、風・寒・暑・湿の外邪を防ぎ、またときどき身体を動かし、歩行し、だらしなく横になって寝ることをせず、食気の循環をよくすることだ。」

私は実行できていません。知っていることばかりなのに実行できていないということです。反省すべきことが色々あります。。。年老いてからでなく、若いうちから養生に努めよとおっしゃっています。肝に銘じます。。。



さて、養生訓の中にこんな面白い項目がありました。

【肥料と食物】
 「すべての食物のうちで、畠に栽培された菜がもっとも汚れている。その根や葉に長くしみこんだ人糞の肥料はすぐにはとれないからだ。食べるためには、まず水桶をきめておき、それにたっぷり水を入れて菜を浸し、その上からおもりをおいて、一夜もしくは一日ののちにとりだし、刷毛でその根、葉、茎を十分にこすって洗い、きれいにして食べるがよい。
 これは近年、李笠翁の「閑情寓奇」に書いてあることを知った。中国では神を祭るのに畠で採れた菜を用いないで、山や川辺にできた自然の菜を用いている。畠の菜でも瓜、茄子、ゆうがお、冬瓜などは汚れていない。」

 なんとここまで人糞に対して厳しく書いているとは知らなかった。人糞は江戸時代の都市型商業的栽培に欠かせないものであり、都市と周辺部の循環型社会の模範である、と現代人が絶賛しているものである。分断された農薬化学肥料現代農業からすると良く見えても、当時はこのような見方もされていたのかと、びっくりした。神様に捧げるものは無肥料の自然の菜であることも大いに参考になった。
(瓜やナスも同じと思いますがねえ。この部分はよくわかりません。)


ところで人糞といえば肥溜です。私は幼少時に肥溜をみた記憶がうっすらとあります。さすがに肥溜に落ちておぼれた記憶はありません^_^;
小学生の時は学校の検便で「行虫」が見つかり、医者に行った記憶があります。野菜から移ったのでしょうか?

戦後の日本社会はアメリカGHQ(私の同時代ではないですよ)の指導のもと、不衛生だとして肥溜農法は壊滅させられたようです。アメリカ人はレタスなど生で野菜を食す習慣があったので神経質だったようですね。



ところでカイチュウ博士こと藤田紘一郎博士を知っていますか?とてもユニークですね。ぜひ著書をお勧めします。

博士は体の中にサナダ虫を飼っていたのですが、そのおかげでダイエットでき(歌姫マリアカラスは半年で50キロ減量!)、そしてアレルギー鼻炎や花粉症、喘息が治るという研究をされました。

なかには人体に危険な寄生虫もありますが、多くの寄生虫は人体と共存関係を保つそうです。だから寄生虫の抹殺、異物の排除、抗生物質の乱用、超清潔志向、自然からの遮断、は科学と文明の進歩のようにみえて全く違う方向に走っている、ということですね。

これは農業でも同じです。作物の植え付け前に「土壌消毒」と称して土の中を消毒する農家があります。良い菌も悪い菌も一網打尽に皆殺しです。それで病害虫から作物を守るという目的ですが、結局悪い菌だけが急速に増加するので農薬を大量に使います。考えてわかりませんかね。

現代科学とはこのような幼稚なことを一生懸命やっているのですよ。

土の中で植物の根と微生物は共生関係を作ります。ここには現代の薄っぺらな科学では解明できていない、生命や宇宙の仕組みがあるようです。



by shizenchiyuryoku | 2012-02-13 19:17 | 基本的な考え方 | Comments(0)

カテゴリ

全体
基本的な考え方
土作りについて
イベント
雑草の楽しみ
庭を畑にする
食料安全保障

最新の記事

日本の野菜は海外で「汚染物」..
at 2017-01-14 22:07
自然の循環の中で栄養は供給される
at 2017-01-01 21:18
きれいな花は子孫を残すため
at 2016-03-27 11:59
食料は足りるのか
at 2016-03-13 11:00
自然農法の土つくり2
at 2016-01-11 11:25
下ノ畑二行ッテ来マシタ
at 2015-08-22 19:57
芒種の本当の意味
at 2015-06-14 18:09
ゆく河の流れは絶えずして
at 2015-05-09 21:36
学会で認められる不耕起・草生栽培
at 2015-03-21 21:35
ムッシュー山下朝史とフレンチ..
at 2015-01-17 19:14
100年前の神奈川県の食事
at 2014-12-27 23:02
「二百十日の畑の様子」その後..
at 2014-11-16 22:38
「二百十日の畑の様子」その後
at 2014-10-05 00:12
二百十日の畑の様子
at 2014-09-01 00:31
種を採る
at 2014-06-15 21:14
春の楽しみ
at 2014-04-13 23:44
安心安全な野菜は種で選ぶべし
at 2014-03-19 20:57
無肥料栽培は美味しい!
at 2014-02-02 11:22
Life in all it..
at 2014-01-12 18:12
2013秋の無肥料畑
at 2013-11-02 23:39

検索

以前の記事

2017年 01月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月