カラダの細胞や魂が喜ぶ、いのちのつまった野菜つくりを追求し、自家採種、無肥料、自然農、自然農法、自然栽培を実践中。農薬を使用しないのではなく、そもそも使用する必要がないことが健康の証です!


by shizenchiyuryoku

プロフィールを見る

<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

陸稲、始動!


今まで3年間試して、うまくいかなかった陸稲の栽培。
もちろん今年も挑戦します。

玄米と塩と味噌と青菜(雑草)があれば日本人は生きていけるのだ、という強い信念(?^_^;)のもと、
そして田んぼがなくても生きていけるのかという疑問の答えを求めて畑での挑戦は続きます。
しかも本当に健康なのは無肥料栽培である、という概念に取りつかれているため苦労もします。(でも楽しいー)

さて、今年の陸稲について気をつけること。

1、種籾について
・今まで試した「農林1号(もち)」、「農林24号(うるち)」から変更する。
・「ゆめのはたもち」という品種を試してみる。のうけんにて購入。
・そして福岡自然農塾の方より種籾を譲っていただいた。本当にありがとうございます。
・試すのは「おおすみ(うるち)」「葉冠(うるち)」「農林21号(うるち)」「タイ香り米」である。
・自然農の畑で育ってきた種です。生命力に期待でわくわくします。

2、育苗
・今年も鳥害を避けるため直播せず、自宅でプランター蒔きして苗を移植する。

3、干ばつ防止
・陸稲も稲であるから、やはり水を好む。
・しかし当園には雨水しかないため、7月以降は敷き草にて乾燥防止に努める。

4、土の肥沃度
・何箇所かに分散して生育を比べてみる。
 (耕土層の深さ、酸性か弱酸性か、水分が多い畝か、などなど)



そして今年もスタートしました。

1、塩水選にて良い種籾を選ぶ。
d0190369_1714540.jpg

2、水(汲み置きし塩素抜いたもの)に浸す。乾かす。を繰り返す。
d0190369_17143881.jpg

3、発芽しました。
4、プランター(土は畑のもの)に播きます。
d0190369_17152091.jpg

d0190369_17162527.jpg

d0190369_1717670.jpg

5、草が分解した堆肥を薄くかけます。

どうか今年はうまくいきますように。
by shizenchiyuryoku | 2012-04-27 17:23 | Comments(0)

春の草たち

春は一年のなかで一番好きです。
少し前までじっと耐えていた草たちがいっせいに春を謳歌します。
冬野菜たちがトウ立ちし花を咲かせます。
そして花に誘われた蝶や蜂たちが受粉の手伝いをします。
そうです。冬野菜が子孫を残すために美しくアピールします。
野菜の一生を見守ってあげられることは幸せです。
花の匂い、緑の匂い、そして土からは微生物たちの匂い。
そういうなかにいると、ここが極楽なのだ、と思えてきます。

今日は春の草たちと野菜たちを写真で紹介します。

これが私の極楽絵図です。
d0190369_2114063.jpg

ぎしぎしとすかんぽです。
d0190369_2121228.jpg

たんぽぽ(西洋ですが)
d0190369_2124217.jpg

ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、カラスノエンドウ
d0190369_2132368.jpg

ミツバ
d0190369_213534.jpg

ブロッコリの花
d0190369_2142381.jpg

ヒヨドリ攻撃から復活した白菜の菜花
d0190369_2145289.jpg

大麦
d0190369_2152379.jpg

小さなオオバコ
d0190369_215522.jpg

フキ
d0190369_2162522.jpg

そして夕食はつくしの油炒め(美味すぎ!)
d0190369_217363.jpg





by shizenchiyuryoku | 2012-04-15 21:09 | 雑草の楽しみ | Comments(0)

無肥料畑ワークショップ



前回お知らせしたワークショップ開催を具体的に決めました。
正式に参加希望の方はコメント欄まで下記のことをご記入の上お申し込みください。

長期でなく単発でのご参加でもお受けします。



開催日時:4月22日(日)10:00-12:30(終了後も滞在自由です)
     ※雨天順延。日程再調整。

開催場所:北鎌倉の無肥料畑
     ※お申し込みの方に個別に地図をお送りします

参加費用:おひとり3000円(子供は無料)

開催内容:・無肥料畑の案内
     ・知りたいこと、やりたいことの話し合い
     ・農作業、つまみ食いなどは適時実施

申し込み方法
     コメント欄に下記の件をご記入ください
     ①お名前
     ②性別
     ③知りたいこと、やりたいこと
     ④連絡先メールアドレス、携帯電話など
      ※原則メールで返信します。携帯電話番号は緊急連絡用です。

以上よろしくお願いします。




話変わって、今年のつくしです。
昨年は突然変異と思われるつくしを発見しましたが今年は大丈夫です。
同じ場所もその他の場所も普通のツクシです。良かった良かった。
ツクシが生えている畑がどうなのか、については。笑うしかない。

まじめな話ではツクシは指標だと思っています。
最初はツクシばかりの畑だったのが徐々に減ってきました。あくまでも自然にです。
そしてツクシの生える畝と生えない畝では作物の生育はどうなのか。
興味があればワークショップでやってみたいと思っています。
d0190369_2351037.jpg

美味しくいただきました。
d0190369_2354715.jpg

自生みつばも美味しそう。
d0190369_2365096.jpg


すかんぽ、ギシギシ、オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、カスノエンドウ、ヨモギ、ハコベ、オオバコ(小)も元気です。春の役者がそろってきました。
by shizenchiyuryoku | 2012-04-11 23:11 | イベント | Comments(0)

カテゴリ

全体
基本的な考え方
土作りについて
イベント
雑草の楽しみ
庭を畑にする
食料安全保障

最新の記事

日本の野菜は海外で「汚染物」..
at 2017-01-14 22:07
自然の循環の中で栄養は供給される
at 2017-01-01 21:18
きれいな花は子孫を残すため
at 2016-03-27 11:59
食料は足りるのか
at 2016-03-13 11:00
自然農法の土つくり2
at 2016-01-11 11:25
下ノ畑二行ッテ来マシタ
at 2015-08-22 19:57
芒種の本当の意味
at 2015-06-14 18:09
ゆく河の流れは絶えずして
at 2015-05-09 21:36
学会で認められる不耕起・草生栽培
at 2015-03-21 21:35
ムッシュー山下朝史とフレンチ..
at 2015-01-17 19:14
100年前の神奈川県の食事
at 2014-12-27 23:02
「二百十日の畑の様子」その後..
at 2014-11-16 22:38
「二百十日の畑の様子」その後
at 2014-10-05 00:12
二百十日の畑の様子
at 2014-09-01 00:31
種を採る
at 2014-06-15 21:14
春の楽しみ
at 2014-04-13 23:44
安心安全な野菜は種で選ぶべし
at 2014-03-19 20:57
無肥料栽培は美味しい!
at 2014-02-02 11:22
Life in all it..
at 2014-01-12 18:12
2013秋の無肥料畑
at 2013-11-02 23:39

検索

以前の記事

2017年 01月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月