カラダの細胞や魂が喜ぶ、いのちのつまった野菜つくりを追求し、自家採種、無肥料、自然農、自然農法、自然栽培を実践中。農薬を使用しないのではなく、そもそも使用する必要がないことが健康の証です!


by shizenchiyuryoku

プロフィールを見る

<   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

自然農法の土づくり

最近、自然農法プロ農家の清宮さんの畑へ勉強に行っています。
先代から数えると約40年近く自然農法で野菜を作り出荷されている農家です。

里芋掘りの手伝いをしながら感じました。
土は黒く、さらっとして手離れの良い団粒構造で、乾きすぎず湿りすぎずの程よい湿り気。
なによりも土の香りがとてもよかった。

私の土もいい感じになってきたなと思っていましたが、残念ながらとても足元に及ばないと痛感。
これが目標とする土かな、と感じました。

出荷用の白菜が大きく、ずっしりと重いことにびっくり。
私の今までの白菜はまだ小さく、重量はありません。
それは自然農法の限界かと思っていましたが、違いました。
草だけで土をつくってもこれだけの白菜ができると思い知らされました。

里芋は代々作り続けていらっしゃる品種でした。
とても美味しい!ねっとり感、しっかりした歯触り、深みある味、甘さ。。。
毎日食べても飽きないです。

土づくりとしてされていることは、草(雑草)を利用するだけとのこと。
基本的に表層でマルチのように利用していくのだそうです。
ただし、畝を作りかえる時には結果的に草をうないこむようになります。
先代が苦労して追求し完成された土づくりをうけついでいらっしゃいます。

ところで清宮さんのお父さんの時代に、横浜市の計画で農地整備事業があったそうです。
それによって土が上下いれかわり、下層部の死の土が表面にくることになった。
翌年はほとんど作物が育たなかったそうです。
先代はあきらめずに草を使って土を作り直し、ようやく7年目に回復してきたそうです。

そうです。土づくりに7年の時間がかかったのです。

私のこの畑も来年で7年目を迎えます。土中の構造など清宮さんの畑とは違いがあるのですが、7年目の期待があります。

雑草を生かした土づくり。
この重要性を五感で勉強させていただいています。
貴重な勉強機会を与えていただき清宮さんには本当に感謝します。



私は今、畝を少し耕しています。
清宮さんから教わった土づくり、前の記事「500年の自給自足」にあった掘り込み農法、MOA自然農法の方からアドバイス、などなどからインスピレーションをいただきました。

いままで不耕起にこだわりすぎていたのですが、耕起と不耕起の両方をやってみようと思いました。
不耕起の良さも体感してきましたが、耕起の良さも知りたいと思います。
なんだか次の次元に導かれている気がしていて楽しみです。

早速、いい値段の鍬を買いました。
鍛冶屋で作られた歯先と固い樫の木の柄。いい道具をもつと心も喜びますね。

乾燥草を少し入れ、土をかぶせながら畝を作ります。
サクッ、サクッ、サクッ。。。
心地よい音と触感に7年目の期待がふくらみます。





ここであらためて私が草だけの自然農法にこだわる主な理由を説明すると、

・いちばん健康的な野菜に育ち、そのため食感よい・美味しい・日持ち良い・腐敗しない・病害虫に強い野菜になるからです。

なぜそうなるか。

・それは人間の施肥による「速く大きな野菜にする」といった不自然さがないからです。
(早く大きな野菜にするのは、経済を優先するということです)

もう少し説明すると、

・野菜は、肥料養分があればあるだけ吸収する。人間のように、これ以上食べたら体に悪いからやめておこう、という自制はできない。
・養分を取り過ぎると、細胞が自然のスピード以上に生育し、大きくスカスカなメタボな細胞になる。
・メタボな細胞は病虫害に弱い。また、日持ちが悪く、常温で腐る。(自然界の植物は決して腐らない。腐る野菜は異常である)
・腐る野菜を食べるのが人間にとって良いはずがない。
・細胞がしっかりした野菜は歯ごたえ良く、味も良い。

・無肥料栽培とは人為的に施肥をしないということではあって、無養分で野菜が育つということではない。自然界にある土中の養分、小動物や微生物、草の根圏が作りだす養分によってバランス良い養分が保たれる。それら自然の循環によって供給される養分だけで野菜は育つことができる。
・人間が施肥をすると、特に化学肥料を施肥すると、微生物や小動物は死ぬ、あるいは活動しなくなり、自然循環の養分供給システムは壊れてしまう。

ということです。


他にも
・本来の日本の伝統農法であり、日本の風土に適した持続可能なやりかたである。
・お天道様と雨と多くの生き物のおかげで生きていることが実感できる。
・生き物との共生を大切にすることになる。
・なによりも、そこにいる人間が健康になれる。
などなどの理由もあります。


こんな考えで7年目の畑も継続していきたいと思います。

良いお年を!



清宮さんの白菜畑
d0190369_23233453.jpg





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3663231315409347"
data-ad-slot="3370987310"
data-ad-format="auto">





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3663231315409347"
data-ad-slot="9402234117"
data-ad-format="auto">


by shizenchiyuryoku | 2012-12-29 23:26 | 土作りについて | Comments(2)

秋の収穫物

すっかり寒くなりました。
畑では霜も降りて、陽の当らぬところは氷が張っています。

秋11月頃に収穫し、12月に調整が済んだものを紹介します。
収穫した後に、はざかけで干して乾燥させ、そして収穫物をきれいに調整するのはなかなか大変です。
収穫物が少量なのですべて手作業です。手が痛くなることもあります。

収穫の喜びと調整の大変さで複雑な気持ちになりますが、これが食べ物を作る、ということなのですね。



1、陸稲
・4年目で初めて収穫できました。
・小さな畑でも、出来る場所と出来ない場所があることを確認できました。
・品種は4種類。それぞれ育ちに違いはありましたが、無事4品種とも収穫できました。
・本当に少量ですが、来年の種として大切にいただきます。もう少し面積を広げてみます。
d0190369_21595823.jpg


2、さつまいも
・今年はねずみの被害に初めてあいました。さつまいもつくって5年間で初めてです。まわりの菜園の方もやられていました。
・なぜはじめてやられたのか、考えていましたら、近くの菜園の方が面白いこと言っていました。「今年はしまへびをみないなあ。」というのです。
・へびがいるからねずみは活動できなかったのだろうか?そういえば私も一度だけ自分の畑を50-60センチのへびが横切るのを見たことがありましたが。来年は干支のへびに戻ってきてほしいです。

写真はネズミに食われた一部です。ネズミに食われると芋の内部が黒くなったりして、おいしくなくなりますね。収穫全体の3分の1以上やられました。芋がネズミに見えてきた。。。うー。
d0190369_2205094.jpg



3、落花生
・こちらもねずみにやられました。8月くらいから、掘って食べられていました。殻が少し離れたところに落ちているのでわかりました。
・そして干して乾燥しているときには鳥に食われました(泣)
・収穫量は少なかったです。おいしいけど、来年は作付けするかどうか考えてしまいます。

収穫
d0190369_2221516.jpg

乾燥させます。
d0190369_2232036.jpg

d0190369_224542.jpg




4、大豆
・大豆は良くとれました。
・昨年有機農家の方から譲っていた種をまいて収穫し、それを今年植えました。土に馴染んできているのだと思います。
・大豆は乾燥するとさやが固くなるので、割って大豆を取りだすのが大変です。こつこつと手で剥きましたが、ずっと続けると握力が無くなってきますね。
・ぬんちゃくのようなものでたたいて割ったりする絵をみましたし、軽トラのタイヤで踏む農家もいらっしゃいます。来年はかんがえなければ。

大豆を干す
d0190369_22171515.jpg


さやから見える大豆
d0190369_2265341.jpg

3本の畝で1.7キロ採れました。
d0190369_2274325.jpg



5、里芋
・里芋もよく出来ました。
・赤芽、えびいも、うーはんは毎年作って種を保存して使っているので、安定してきました。土垂は購入種ですが生育がまちまちでした。
・えびいもの小芋に芽が出ていて、かつ根がたくさんでていました。心配して自然農法のプロの農家に聞きましたら、それは土が良くなって、よくできている証拠だ、とのことでした。良かった。きめ細かくねっとりとしていて、深みある甘みが出ていたと思います。

えび芋
d0190369_22103387.jpg

d0190369_2282957.jpg

赤芽
d0190369_22111926.jpg

うーはん(茎の背丈は低いが芋はよくできていた)
d0190369_22115414.jpg


6、しょうが
・サイズは大きくありませんが、香りは強いです。
d0190369_22123898.jpg


7、果菜類
・トマト、ピーマン、ナス、とうがらし。11月末まで成っていましたが、種取り用に収穫です。
・種取りについては改めて記事を書きます。


8、かぼちゃ
・つるが元気の割にあまり実がつかないです。
・種は自家採種を続けて3年です。以前よりは生育が良くなった気もしますが、まだまだ納得いかず。
・かぼちゃは簡単なはずなのに。。。


9、ねぎ、大根、白菜、、、、
・順調に育っています。改めて紹介します。

10、忘れちゃいけない野草茶
・どくだみ、おおばこ、やぶからし、などなど、干せばおいしいお茶に変身します。
d0190369_9173191.jpg

d0190369_918916.jpg

by shizenchiyuryoku | 2012-12-19 22:20 | Comments(0)

カテゴリ

全体
基本的な考え方
土作りについて
イベント
雑草の楽しみ
庭を畑にする
食料安全保障

最新の記事

日本の野菜は海外で「汚染物」..
at 2017-01-14 22:07
自然の循環の中で栄養は供給される
at 2017-01-01 21:18
きれいな花は子孫を残すため
at 2016-03-27 11:59
食料は足りるのか
at 2016-03-13 11:00
自然農法の土つくり2
at 2016-01-11 11:25
下ノ畑二行ッテ来マシタ
at 2015-08-22 19:57
芒種の本当の意味
at 2015-06-14 18:09
ゆく河の流れは絶えずして
at 2015-05-09 21:36
学会で認められる不耕起・草生栽培
at 2015-03-21 21:35
ムッシュー山下朝史とフレンチ..
at 2015-01-17 19:14
100年前の神奈川県の食事
at 2014-12-27 23:02
「二百十日の畑の様子」その後..
at 2014-11-16 22:38
「二百十日の畑の様子」その後
at 2014-10-05 00:12
二百十日の畑の様子
at 2014-09-01 00:31
種を採る
at 2014-06-15 21:14
春の楽しみ
at 2014-04-13 23:44
安心安全な野菜は種で選ぶべし
at 2014-03-19 20:57
無肥料栽培は美味しい!
at 2014-02-02 11:22
Life in all it..
at 2014-01-12 18:12
2013秋の無肥料畑
at 2013-11-02 23:39

検索

以前の記事

2017年 01月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月