カラダの細胞や魂が喜ぶ、いのちのつまった野菜つくりを追求し、自家採種、無肥料、自然農、自然農法、自然栽培を実践中。農薬を使用しないのではなく、そもそも使用する必要がないことが健康の証です!


by shizenchiyuryoku

プロフィールを見る

<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

芒種の本当の意味

今年は6月6日が二十四節季の芒種で、6月11日が入梅です。
芒種とはを調べると、「芒は「のぎ」といい、麦や稲のような穀物の殻についているとげのような突起毛のこと。麦を収穫し稲を植える季節」とあります。
間違いじゃないと思うけど、それは机の上の解釈だったり、自家採種をしなくなって近代農業で感覚がずれている解釈ではないかと個人的に思います。芒は忙しいの字に近いから、「入梅前に、種を採種したり、撒いたりに忙しい時期」である、と勝手に思っています。

私は大麦を主食の玄米に混ぜて食べるために作っていますが、収穫時期にいつもはらはらします。麦がしっかり完熟し充実してから刈り取るのですが、麦は湿度を嫌うため、梅雨に入る前に急いで刈り取らなければなりません。早すぎると充実していないし、遅いと雨で湿ってかびてしまいます。タイミングはまさにピンポイントになります。天気図と肌感覚で収穫日を決めます。
刈り終えたら、雨に当たらないように軒下等で逆さに干して乾燥させます。
d0190369_17453834.jpg

d0190369_17462570.jpg


さて、入梅前に収穫するのは、禾科だけではありません。

それは、グリーンピースや絹さやえんどうの自家採種だったり、
d0190369_17473265.jpg



にんにくの収穫だったり、
d0190369_1824167.jpg


アブラナ科の採種だったりします。

このアブラナ科は、昨年大好評だった結球しない白菜で超うまいです。
種を他のアブラナ科と交雑させないために、専用のネットを注文し、花を咲かせます。
d0190369_1833732.jpg


昆虫に受粉してもらえないので、手や羽でおしべとめしべを受粉させます。手袋が黄色くなります。
d0190369_1841539.jpg


乾燥したさやを収穫し、さらにかんそうさせます。
d0190369_1845478.jpg


さやの中にはたくさんの種が。
d0190369_17561490.jpg


自家採種した種。(同様に大根やかぶも採種します)
d0190369_1853349.jpg


100の種には100の個性があります。
忙しい時期ですが、この種を見ると、いのちへの慈しみを感じ、また、来年の食料が確保できたことへの感謝でこころが満たされます。

昔からつづいてきた、このような伝統的ないのちの継承を、経済効率をお題目に失ってはなりません。
失えば、それば自立した人間ではなく、餌を与えられる家畜と同じようになってしまうかもしれない。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3663231315409347"
data-ad-slot="3370987310"
data-ad-format="auto">


by shizenchiyuryoku | 2015-06-14 18:09 | Comments(0)

カテゴリ

全体
基本的な考え方
土作りについて
イベント
雑草の楽しみ
庭を畑にする
食料安全保障

最新の記事

日本の野菜は海外で「汚染物」..
at 2017-01-14 22:07
自然の循環の中で栄養は供給される
at 2017-01-01 21:18
きれいな花は子孫を残すため
at 2016-03-27 11:59
食料は足りるのか
at 2016-03-13 11:00
自然農法の土つくり2
at 2016-01-11 11:25
下ノ畑二行ッテ来マシタ
at 2015-08-22 19:57
芒種の本当の意味
at 2015-06-14 18:09
ゆく河の流れは絶えずして
at 2015-05-09 21:36
学会で認められる不耕起・草生栽培
at 2015-03-21 21:35
ムッシュー山下朝史とフレンチ..
at 2015-01-17 19:14
100年前の神奈川県の食事
at 2014-12-27 23:02
「二百十日の畑の様子」その後..
at 2014-11-16 22:38
「二百十日の畑の様子」その後
at 2014-10-05 00:12
二百十日の畑の様子
at 2014-09-01 00:31
種を採る
at 2014-06-15 21:14
春の楽しみ
at 2014-04-13 23:44
安心安全な野菜は種で選ぶべし
at 2014-03-19 20:57
無肥料栽培は美味しい!
at 2014-02-02 11:22
Life in all it..
at 2014-01-12 18:12
2013秋の無肥料畑
at 2013-11-02 23:39

検索

以前の記事

2017年 01月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月